外壁塗装

適切な塗り替えで、お住まいの劣化を防止

「外壁の塗り替え」と聞くと、ほとんどの方は、外壁の色を変えることをイメージするのではないでしょうか?
建物の外観の色を変えることはもちろんですが、本来行う塗り替えは、「お住まいを劣化から守り、その耐久性を高める」という大切な役割があります。

外壁は毎日雨・風・紫外線にさらされるため、室内とは違い、大きな負担が掛かってしまいますので、注意が必要です。
お住まいを保護している塗膜が機能しなくなると、外壁はたちまち劣化のスピードを速め、壁からの雨漏りや、腐敗を起こしてしまいます。

ご自宅の外壁に、ひび割れ・塗膜の剥がれ・カビなどが見られる場合は、すぐに当社までご連絡ください。
お住まいの状況に合わせた適切な塗り替えで、外壁の耐久性を高め、長期的なリフォーム費用の削減を図ります。

 

お住まいに「プラスα」の機能で快適性を上げていきましょう◎

【 断熱塗料 】
太陽光からの熱源を塗膜に溜め込む、断熱材の機能を持った塗料です。
夏は気温の上昇を抑え、寒い冬は、室内の温度を外に逃がさない優れモノ。

【 遮熱塗料 】
高熱の原因となる赤外線を反射することによって、塗った場所の温度上昇を抑制することができます。

【 低汚染型塗料 】
塗膜の表層に親水性のある塗料を使うことで、塗膜面に雨水が膜を形成し、汚れが付着するのを防ぎます。

【 光触媒塗料 】
光を照射することで有機物を分解し、防カビ・抗菌・排気ガスによる汚染防止、ホルムアルデヒド分解などの効果を発揮します。

【 結露防止塗料 】
吸水性・断熱性を持つ塗膜を形成することで、梅雨の時期や湿気の多い時期に発生する結露を防止します。

【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 神戸市・明石市エリア(その他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る